キッチンスポンジをパックスナチュロンからダスキンへ変えた理由。百均ケースがぴったり!簡単ジャンル分けザックリ収納。







スポンサーリンク




食器用のスポンジ。

今までパックスナチュロンをずっと使っていました。



が、少し前にダスキンのキッチンスポンジへ替えました。











それはフライパンを替えたから。
テフロン加工された物から、鉄製品に。



ゴシゴシ洗うのにパックスナチュロンでは弱く。
かといって、タワシを別に準備するのも抵抗があり。

そのぶん手間も増えるし、モノの数は増やしたくない。










ダスキン製のキッチンスポンジは、ソフト面とハード面があり使い分けができます。
コレが変えた理由。

パックスナチュロンはハード面が無いので、ゴシゴシこすれない。


以前はハード面が必要無かったので、割安なパックスナチュロンを。
今は、鉄フライパンをゴシゴシ磨けるダスキン製。









予備の収納は、ダイソーの自由自在積み重ねボックス。
メラミンスポンジや使い捨てタイプのステンレスタワシと一緒に。






キッチンの引き出しへ。


きっちりとしまうのは苦手なので、ジャンルごとのザックリ収納。

・スポンジ類
・エプロン
・ランチーフ・ランチバッグ
・薬
・文房具類
・紐・テープ類
・電球・電池







大まかに分けて入れるだけ。

そのぐらいのゆるさが一番ラクで使いやすいです。



洗顔、パック、保湿のみ!敏感肌にも上質でシンプルなスキンケア。東洋ハーブの基礎化粧品。

水切りカゴは断捨離がおススメ!アメリカンブランドEnvision Homeのディッシュマット。

関連記事



スポンサーリンク





ブログランキング・にほんブログ村へ
 blogmura tracommu
 blogmura tracommu
わが家の快適収納
大人のシンプル雑貨の紹介
家事が楽しくなるモノ・工夫
掃除・片付けのコツ
シンプルで機能的な生活